医師

初期癌を早期発見と負担の少ないがん治療法|鼠径ヘルニアや無呼吸症

子供も大人もかかる病気

看護師

足の付け根に飛び出てくる

鼠径ヘルニアとは、お腹の中にある腹膜や腸の一部が、太ももや足の付け根といった鼠蹊部のあたりに飛び出てくる病気です。一般的には脱腸と呼ばれている病気です。子供も大人もなる病気で、小児の場合は先天的なものですが、成人の場合は運動不足など体内の組織が弱くなることで起こることがあります。成人で起こる場合、中年以降の男性に多くみられ、肥満や便秘症状がある人が起こりやすいとされています。鼠径ヘルニアになると、痛みや鼠蹊部に違和感を感じるようになります。立ち仕事の人は、長時間立ちっぱなしの姿勢がつらいと感じたり、お腹のはりや、お腹がつっぱっている感じがおこります。鼠蹊部にでっぱりやふくらみを感じた場合、そっと抑えたりすると引っ込むため、なかなか気づかない人もいます。

かんとん状態は危険です

鼠径ヘルニアでいちばん怖い症状はかんとん状態です。これは飛び出た腸の部分が、筋肉で締め付けられてもとに戻らなくなった状態です。早期に鼠径ヘルニアを発見できずに放置していると、かんとん状態になる危険性が高まります。かんとんをおこすと、腸が締め付けられ腸の組織が死んで壊死してしまったり、腸閉塞を起こすなど命にかかわることもあります。かんとんが起きたら、すぐに手術が必要となります。鼠径ヘルニアの治療は手術が中心で、薬物療法や様子を見るなどといったものでは完治しません。近年の医療では手術は安全に行われ、日帰り手術も可能です。ただし、かんとんを起こし腸が壊死した場合などは入院治療が必要です。早期に発見し、すぐに手術をすることが肝心です。