医師

初期癌を早期発見と負担の少ないがん治療法|鼠径ヘルニアや無呼吸症

自然治癒力でがんを治す

頭を押さえる人

生まれながらの防御機構

風邪を引いたとき、それほど症状が重くなければ薬を飲まなくても自然に治ってしまうことがあります。このような現象が起こるのは、人間の身体に免疫機構と呼ばれるシステムが備わっているからです。免疫機構とは、身体に有害な物質を無害化する身体機能のことをいいます。ウイルスや細菌などが体内に入り込むと、免疫細胞と呼ばれる細胞群がこれを攻撃し、排除します。このシステムは、外から入り込んだ物質だけでなく体内で発生した病原に対する攻撃能力も持っています。すなわち抗がん作用です。そのため、近年ではこの免疫機構を強化することでがん治療に役立てる技術が実用化されています。これを免疫療法といいます。従来のがん治療に比べて身体への負担が軽い治療法として人気を集めています。

他のがん治療とも併用可能

免疫療法には大きく分けて2つの種類があります。1つは能動型で、これは免疫機構を強化する働きをする物質を体外から投与するというものです。インターフェロンなどが有名ですが、免疫力を高めると言われている健康食品を摂取することも広い意味での能動型免疫療法に含まれます。もう1つは受動型で、これは免疫細胞の活性を高めることを目的とした治療です。具体的には、患者自身の免疫細胞を採取して培養し、数を増やしてから体内に戻すという手段をとります。これによってがん細胞への攻撃能力を強くすることができます。免疫療法には、抗がん剤投与などの他のがん治療と併用できるというメリットがあります。そのため、複数の治療法を組み合わせて相乗効果を生み出すことができます。