医師

初期癌を早期発見と負担の少ないがん治療法|鼠径ヘルニアや無呼吸症

パートナーの睡眠

カウンセリング

病院に行こう

生活を共にしているパートナーが、睡眠中に息が止まってしまいビックリしたことがあるのなら、早急に病院に訪れることを勧めましょう。そういった睡眠中の呼吸の問題は睡眠時無呼吸症候群と呼ばれていて、年を取ると症状がでやすくなります。男性が多いというイメージがありますが、女性も年を取ると睡眠時無呼吸症候群になる場合がありますので注意しましょう。それと、若いからといって安心ではなく肥満体型の場合では、睡眠時無呼吸症候群なってしまう可能性が充分にあります。しかし、本人が自覚する前にパートナーが気がつくというのなら、まだまだ軽い症状といえるでしょう。そのため、病院で睡眠時無呼吸症候群の治療をおこなえば、早い段階で改善を目指せます。

グッズがある

睡眠を改善するグッズは様々なところで販売がされています。たとえば、布団の反発力を少し変えるだけでも寝付きの良し悪しは大きく変化します。通常の寝不足などの場合は、これら睡眠環境の改善が悩み解決に繋がるでしょう。ただし、睡眠時無呼吸症候群の場合は、布団変更などでも効果がないケースが有ります。睡眠時無呼吸症候群は体の不調が原因である場合もあるので、まずは医療機関で診察を受けるようにしましょう。しかし、睡眠時無呼吸症候群を自覚をしていない場合は、病院通いを大げさだと感じる方もいるはずです。ですが、睡眠時の問題は自身だけではなく、パートナーの問題であることも思い出しましょう。きちんとした治療を受ければ、睡眠時無呼吸症候群の症状としておこるイビキの対策にもなりますので、パートナーの安眠も確保することができるのです。日本人は1日に7時間前後も眠りますので、その時間を質の高いものとしましょう。